酒蔵 加越

酒蔵 加越

当蔵のある石川県小松市は、加賀温泉郷の一角に位置し、加賀前田藩ゆかりの名所旧跡や義経と弁慶で有名な勧進帳の舞台である「安宅の関」などが点在し、歴史を感じる城下町として栄えてきました。また、酒造好適米(五百万石)の産地としても知られており、寒冷な気候と霊峰加賀白山の名水にも恵まれ全国でも有数の酒処です。「酒蔵 加越」は、高精白による雑味のない純粋な酒の旨味と、自然で奥ゆかしい控えめな香りを特徴としており、雪国北陸でも極めて繊細な造りの酒蔵です。

水は酒蔵の命

酒蔵にとって水は命です。日本3名山のひとつに数えられる「霊峰白山」。白山に源を発し、雪解けから生まれる冷たく清らかな伏流水。伏流水は説によれば、何百年の歳月をかけ、里に湧き出てくるそうです。時を経てめぐりあう、この伏流水によって、静かに醸される美しい故郷と『加賀の酒』。

こだわりの酒づくり

加越酒造の歴史は江戸末期までさかのぼり、これまで数多くの受賞暦を誇っております。日本酒業界で最も権威のある「酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会」では、12回の金賞を受賞し、北陸においてトップクラスの評価を頂きました。また、酒文化研究所主催の全国燗酒コンテストにおいても、日本酒ランキング上位と高評価を頂いております。これからも「おいしい」お酒を提供できますよう努力してまいります。

加越の酒蔵見学

日本酒の製造工程を見学できます。
期間:11月下旬~3月末まで
時間:10時00分~15時00分
標準所要時間:20〜30分
人数:最少1名 最大10名
※見学できない日もありますので、必ず事前に電話にてお問い合わせ下さい。

ブランド一覧

「加賀ノ月」、「関白」などの醸造元として、日々、酒造りに精進しております。 日本酒業界で最も権威のある「酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会」では、12回の金賞を受賞し、北陸においてトップクラスの評価を頂きました。 これもひとえにご愛飲下さる皆様のおかげと思い感謝しております。
商品一覧はこちら>>

加越 北国酒販部

『北陸の食卓に美味しいお酒を』という信念のもと、お客様のご発展を支える黒子として挑戦を続けております。また、北陸経済圏の活性化を目標に異業種企業と様々な取り組みも行っております。お気軽にご相談ください。これからも、皆様の生活を支える黒子として努力して参ります。
加越 北国酒販部HP>>

News
お知らせ

加越酒造のFacebook公式アカウント